Jailbreak/root化とは何かでしょうか? – MDM MoDeM

Jailbreakは、「脱獄」を行ってiPhoneのファームウェアを書き換えることです。

iPhoneなどiOSデバイスにはセキュリティーがかかっておりAppleが認めたソフトウェアしかインストールできません。しかし、jailbreak(脱獄)を行うと、その制限を解除して好きなソフトをインストール出来ます。

AppStoreのアプリでは実現出来ないようなソフトが使えるので便利な面もありますが、iPhoneの中に直接アクセスできるようになりますので、一般のパソコンのように自由自在にファイルを放り込めるのでセキュリティ面では非常に危険を伴います。

ちなみにAndroid端末では、「root化」と表現しています。

「Jailbreak/root化された端末検知」とは、社内業務用に使用されている端末がJailbreak/root化された端末か否かを確認する機能を意味しており、ほとんどのMDM(モバイルデバイス管理)ソリューションで提供されています。

MDM MoDeMで「Jailbreak/root化された端末検知」方法

MoDeMに登録された端末がJailbreak/root化された端末か否かを、一目で把握できるようにデバイス情報欄に表示します。

端末のBluetooth使用禁止

iOS、Android端末のBluetooth使用禁止とは、スマートデバイスに対して、Bluetoothの使用を制限することでBluetoothを介する情報漏洩を防止します。その為のBluetoothの使用を制限する機能を指します。

MDM MoDeMでの「Bluetooth使用禁止」の方法

MoDeMでBluetoothの使用を制限する方法は以下のとおりです。まず、管理者Webサイトの左側のメニューからポリシーメニューをクリックします。

bluetooth_001

新規ポリシーの登録をクリックした後、新しい任意のポリシー名を入力します。(ここでは”Bluetooth”とします。)右上にある[機能制限]タブを選択し、”Bluetoothの使用を許可”の選択を解除して保存をクリックして保存します。

bluetooth_002

bluetooth_003

保存した”Bluetooth”ポリシーを端末に適用します。