iOS MDM Webコンテンツ·フィルタとは

iOS「監視モード(supervised mode)」には、より安全で優れた端末制御機能が含まれています。

その中で、Webコンテンツ·フィルタ機能は、これまでサードパーティーから高額で提供されていた機能を無料で使用可能にした機能の一つです。

今回は、iOS Webコンテンツ·フィルタ機能について簡単に整理してみました。

まず、アップル社の公式ドキュメントに記載されている内容(Payload)は、次のとおりです。

Web Content Filter Payload

The Web Content Filter payload allows you to whitelist and blacklist specific web URLs. It is designated by specifyingcom.apple.webcontent-filter as the PayloadType value.
(訳) 「Web Content Filter」ペイロードを使うと、ウェブページのあるURLに対する接続を、無条件で許可(ホワイトリスト)し、あるいは無条件で禁止(ブラックリスト)することができます。このペイロードは、PayloadTypeの値としてcom.apple.webcontent-filterを与えることにより指定します。

Webコンテンツ·フィルタのペイロードは、特定のURLに対してホワイトリスト、ブラックリストを指定する機能です。ちなみにWebコンテンツ·フィルタ機能は監視モードの端末でのみ設定可能です。

以下の設定画面は、MDM MoDeM> PolicyメニューのWebコンテンツ·フィルタ機能の設定画面です。

WebContentFilter設定画面

「成人コンテンツを制限」ドロップダウンメニューをクリックすると「使わない」「成人コンテンツを制限」「指定したWebサイトのみ許可」のいずれかを選択することができます。

  • 使わない:コンテンツ·フィルタを使用しない。
  • 成人コンテンツを制限:アップル社が成人コンテンツと判定したWebサイト(アップルサーバーに記録されているURL)へのアクセスを遮断します。
  • 接続を許可するURL:入力されたURLアドレスにのみアクセスを許可 – プロファイル(ポリシー)の設定時に端末のブラウザのブックマークに入る。
  • 接続を制限するURL:入力したURLにはアクセスできません。

本機能は、例えば、外部へのアクセスを禁止しようとするイントラネットな環境で活用することができ、取引先のWebサイトなどの必要なWebサイトのURLをあらかじめブックマークして配布することで外部へのアクセスを制限することができる便利な機能です。

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

eight + thirteen =