Windows MDM

MDM MoDeMは、Windows8.1に対応しています。Windows8.1、iOS、およびAndroidをサポートします。

社内の様々なデバイスを統合管理

MDM MoDeMは、既存のiOS/Android端末と同じ管理画面でWindows8.1端末を管理することができます。Android、Apple iOS、Windows8.1を一つの管理画面で効率的に管理できるソリューションですので、柔軟な端末の管理が可能です。

対応OSバージョン : Windows 8.1

Windows-8.1

業界標準のプロトコルOMA-DMに基づく

OMA-DM(Open Mobile Alliance Device Management)とは、モバイル関連のアプリケーションの標準化を進めるOpen Mobile Allianceが策定したデバイス管理機能のことで、Windows8.1にはこの業界標準のプロトコル、OMA-DMに基づいたMDM機能があります。MoDeMのWindows機能は、Windows8.1の標準プロトロルとして提供されているOMA-DMプロトコルに基づき開発され、エージェント不要で端末情報の収集やWi-Fi、VPN設定などの高度なMDM機能を利用することが可能です。

企業関連リソースの消去(Selective Wipe)

端末を紛失した場合や、従業員が会社を退職する場合にタブレットから企業関連のリソースをリモートで削除することができます。MDMを使って設定したその従業員のメールデータ(EAS)、Wi-Fi、VPN等など会社関連の設定がデバイスから削除されます。

Windows MDM機能一覧

基本機能画面ロック
デバイス情報更新
パスコード設定(※)パスコードの強制及び文字数の指定
単純なパスコードの許可や英数字使用の指定
パスコードを変更せずに利用できる最大日数を指定
パスコードの強制及び文字数の指定
単純なパスコードの許可や英数字使用の指定
パスコードを変更せずに利用できる最大日数を指定
失敗回数(設定回数を超えたデバイスを工場初期化)
ブラウザ制限(※)警告の有効、自動入力、JavaScript有効
plugins使用許可、ポップアップ許可
追跡防止使用、アクセス制限など
(Internet Explorerに適用されます。)
インターネット接続制限Wi-Fiの設定
VPN設定(L2TP/PPTP/IPSecなど)
アプリ管理、配布(※)インストール済みアプリ一覧を確認
ストアアプリ、企業アプリの配布
EASとの連携(※)Exchangeを介して追加されたメールアカウントを端末削除時に初期化
外部メモリの制限(※)SDメモリの制限
USB接続の制限
Selective WipeWi-Fi、VPN等の設定やEASメールとその添付ファイルの削除
デバイス情報モデル、OS、容量(使用可/全体容量)、外部容量(使用可/全体容量)、シリアルナンバー、容量(ドライブ / 全体容量 / 使用可)、デバイス名、デバイス登録日時、Data Roaming可否、バッテリレベル、Wifi Mac Address、WifiEnabled、BluetoothEnabled、PCSettingsSyncEnabled

(※)は、Windows10にて対応する予定でございます。