MDM MoDeM – iOS9の主な機能

機能追加

これまでのMoDeMの機能を利用しながらiOS9搭載のiPhone/iPadでは下記のデバイス管理機能をさらに利用することができます。新しく追加されたiOS MDM MoDeMの主な機能を紹介いたします。

 

⒈ iTunesからApp のインストールを許可 ※1

AppStoreの利用を禁止しながらMoDeMでOTA配信したアプリやUSBを利用したアプリだけインストールを許可します。AppStoreの使用を禁止したまま、ホワイトアプリをインストールさせるとき、ポリシーを変更せずにアプリを配信することができます。

    

 

⒉ 管理対象Appのクラウド同期機能を許可

同じApple IDを使用するデバイスにOTA配布した管理アプリケーションデータの同期を制限します。また、管理アプリケーションに限りクラウド同期を遮断します。これにより、クラウドを通じてデータが流出されることを防げます。

 

⒊ アプリケーションの自動インストール制限 ※1

同じApple IDを使用する端末において、デバイス同期によるアプリの自動インストールを許可・禁止します。複数の端末で同じApple ID使用すると、メインの端末に入れたアプリがいつの間にサブ端末にもインストールされ、アップデートも可能となります。企業でアプリのバージョンアップを管理したい場合はこの機能で制限することができます。

 

⒋ 新しいエンタープライズApp作成者の信頼を許可

エンタープライズアプリのインストールを防ぎます。正確にはインストールはできるものの、アプリの起動を不可能にします。企業が認定したもの以外に認証されていないエンタープライズアプリをユーザーが勝手にインストールしたとしても、実際そのアプリを利用することはできなくなります。ただ、このポリシーが反映される前にすでにインストールされていたエンタープラズアプリは対象外となります。

     

 

⒌ デバイス名の変更を許可 ※1

ユーザーがiPhone/iPadのデバイス名を任意で変更することを許可、または禁止します。これは、デバイス名で端末管理をする企業において有効に利用出来る機能となります。

     

 

⒍ パスコードの変更を許可 ※1

ユーザーによるパスコード変更を許可・禁止します。iPhone/iPadをアクティベートするとき、企業管理者側で設定したパスコードをユーザーが解除したり、変更したりすることを禁止することでセキュリティに関するポリシーを徹底させることができます。

     

 

⒎ Touch ID指紋の変更を許可 ※1

指紋の登録/変更/解除を制限することができます。このポリシーが適用された端末ではTouch ID指紋に関するメーニュが非表示となります。

 

⒏ 機能制限の変更を許可 ※1

企業管理者がiPhone/iPadのアクティベートするとき設定した機能制限(設定>一般 >機能制限)を以後ユーザーが変更できないように制限することができます。さらに、管理者は機能制限内の設定項目の遠隔で変更することができます。これによって端末ごとに解除用パスワードを設定、および変更しなければならない手間が省けます。

     

 

 

 

※1 iOS9以上の監視モード端末でご利用いただけます。

MoDeMの機能

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

thirteen + one =