Apple DEP 対応MDMについて

Apple DEPとは?

Apple DEPはapple社が提供する企業向けのiOS端末導入支援サービスことです。このプログラムを利用することで、iPhoneやiPadの導入作業を簡略化することができます。
企業や教育機関などでスマートデバイス端末を導入する場合、様々な問題点が出てきます。利用する目的、用途によっても異なりますが、セキュリティの設定、利用環境情報、利用できるアプリケーションなど様々な設定を行わなければ円滑に利用することはできません。通常であればスマートデバイス端末を購入してから、管理者がデバイス端末を1台ずつ設定することになりますが、Apple DEPを利用すればその作業が簡単になるわけです。

ただApple DEPを利用するにあたり、Apple DEPの契約を事前に行う必要はあります。また、管理者がMDMとApple DEPをつなぎ込む設定作業も出てきますが、管理者のへの負担は非常に軽くなり、運用上のメリットが多数存在します。

Apple DEPを利用した場合と利用していない場合の設定の違い

Apple DEPを利用以前の企業管理者は、購入したiOS端末を開封して、個々の端末をパソコンに接続し、アクティベーション作業が必要になります。さらに個々のiOS端末にMDMアプリのインストールや、セキュリティ設定してから、管理状態が完了したスマートデバイス端末を各利用者に配布するという流れになります。一方Apple DEPを利用した企業の管理者の作業としては、購入したiOS端末のシリアル番号をあらかじめDEPサービスに登録すれば、今までのような個々の設定は全く必要なく、何の設定もせずに各利用者に配布することができます。

Apple DEPで管理効率をアップさせる

Apple DEPを利用すると、iOSデバイス端末のアクティベーション画面で各種設定を表示せずにスキップさせることが可能です。新規のスマートデバイス端末をはじめて起動すると、通常であればアクティベーションアシスタントに様々な設定が求められることになりますが、Apple DEPを使えばこのアクティベーションアシスタントのプロセスを短縮することができます。
また、スマートデバイスの管理、遠隔設定などに必要なMDMプロファイルを削除できないように設定することでMDM管理下から外れるリスクが避けられます。

Apple DEPを利用するには条件がある!

まず利用しているiPhoneやiPadなどがApple DEPの対象となるのかどうかを確認する必要があります。対象となるスマートデバイス端末はApple D正規販売代理店や通信キャリアから購入するか、またはapple storeから法人として直接購入している必要があります。この条件に見合っていなければApple DEPのサービスを受けることはできません。
キャリアやそれぞれの販売店で条件は異なりますので、購入前には事前に確認しておくことをおすすめしています。