Android Enterpriseとは

Androidデバイスをビジネスで活用する上で、会社が所有するAndroid端末をよりセキュアで一元管理ができるGoogleが発表した企業向けデバイス管理プログラムです。

Android Enterpriseの活用でアンドロイド端末を柔軟に管理できる

Android Enterpriseでは管理方法によって端末を厳格に管理したり、個人利用を可能にしたりすることができます。デバイス管理者は、端末用途に応じて、デバイスオーナー権限を取得して管理する「Full Managed Device Profile」また、仕事用プロファイルによりアプリ単位で管理する「Work Profile」によって管理することができます。

MDM MoDeMはGoogleのAndroid Enterpriseを搭載した国内EMM(MDM)サービスです。

Android Enterpriseの管理セット

Android Enterpriseは、企業の管理状況や従業員の業務形態によって3つの管理セットで構成されています。

完全なデバイス管理 (Full device management)

Device Owner Modeともいい、会社から支給されたデバイス企業の完全管理下におき、制御することでビジネス専用端末に設定します。Android 7.0 Nougat から設定および動作対象になります。

仕事用プロファイル管理 (Work Profile Management)

BYODのように個人用と仕事用の環境を作り、それぞれの環境にアプリをインストールすることで個人利用が可能なデバイスに設定します。仕事用プロファイルで管理する場合、業務用アプリにブリーフケースマークが付くので個人アプリと簡単に見分けることができます。

専用のデバイス管理 (Dedicated device management)

会社所有のデバイスを企業専用の端末に設定します。つまりシングルアプリやホワイトアプリのみ表示することで特定の使用目的で使用することができます。

Android Enterpriseの特徴

BYOD対応

端末にあるビジネスデーターは管理者がきちんと管理することで1台の端末で安心して公私使い分けが可能になります。

完全安心の端末管理

ポリシー設定および一斉適用、端末の基本情報、ノンコンプライアンスの確認などよりセキュアな端末管理を実現しました。

厳格なアプリ制限

Managed Google Playを通じてアプリを承認することでWhite/Blackアプリ、ダウンロードのブロックなどがスムーズに制限でき、アプリのライセンスを一括配信ができます。

配信用アプリカタログ

100MBを超える大容量のapkファイルやホワイトアプリなど上限なくアップすることで配信専用のアプリカタログが出来上がります(OTAサイレントインストール)。

Android Enterprise 機能一覧

MDM基本機能端末情報
インストールアプリ情報
ノンコンプライアンス表示
メッセージを送信
リモートロック(画面ロック)
リモートワイプ(データ初期化)
パスコードをリセット
パスワード設定パスワードのタイプや文字数
スリップまでの最長時間
未設定時のアプリロック
再利用回数
ワイプされるまでの入力失敗回数
パスワードの有効期限
機能制限カメラやスクリーンキャプチャー
発信コール
BluetoothやUSB使用
デバッグ機能の有無効
アカウント追加および編集
アプリのインストール、またはアンインストール
SMS使用
初期化制限
セーフモードでの起動
提供元不明アプリのインストール
スリープまでの時間
アプリの自動更新
アプリ権限の設定
ファイル配信MSOfficeファイル、mp4、pages、rtf、txt、png、jpg、gif、psd、numbers、keynoteなどのファイルを端末に配信
フォルダ配信
配信ログ確認
配信したデータの削除
アプリ管理/配信White&Blackアプリ
ランチャーアプリ
KIOSKモード
自社開発アプリの配信
GooglePlayアプリのOTA配信
連絡先の配信電話番号やメールアドレスなど連絡先データを配信及び削除

無料体験版を今すぐお試しください。
MoDeMスマートプランは5台まで1か月間無料でご利用いただけます。
今お申込みされると明日から使えます。
・Webで簡単お申込み
・トライアル後、正式サービスへの手続きが便利 (途中変更も可能)

関連トピック